洗顔石鹸 普通の石鹸 違い

洗顔石鹸と普通の石鹸って何が違うの?

洗顔をする時っていつも何を使って洗顔していますか?

 

女性の方なら洗顔料を使っている方が多いと思いますが、中には普通の石鹸で洗顔をしているという方もいますよね。

 

またペネロピムーンジュノアのような洗顔のための洗顔石鹸を使っている方もいるでしょう。

 

では洗顔のための洗顔石鹸と一般的に販売されている普通の固形石鹸とでは何が違うのか?

 

 

 

石鹸って身体を洗ったり、手を洗ったり、石鹸で靴下や靴を洗ったりしているって方も当然いますよね。

 

 

基本的に身体を洗ったり手を洗ったりする石鹸は浴用石鹸と呼ばれています。

 

また殺菌を目的とした薬用石鹸もありますよね。

 

 

この浴用石鹸や薬用石鹸はひとくくりにして「化粧石鹸」と呼ばれているんです。

 

 

化粧石鹸というのは「刺激が少なく身体や顔を洗うのに用いる石鹸」です。

 

 

 

実は石鹸って厳しい基準があるんですね。

 

 

石鹸って身体用以外にも、洗濯や台所用の「家庭用石鹸」もあれば、「工業用石鹸」と呼ばれている石鹸もあります。

 

 

それぞれの石鹸は薬事法の基準をクリアしていることを条件に販売されています。

 

 

つまり化粧石鹸は、使っても肌に問題ありませんよ!という基準をクリアしているので販売されているんですね。

 

 

なので普通の浴用石鹸で洗顔をしたとしても肌にトラブルを起こさないのであれば問題はありません。

 

 

 

では何故洗顔石鹸と呼ばれている石鹸が存在するのか?

 

 

 

洗顔石鹸というのはその名前通り洗顔を目的とした石鹸のこと。

 

顔の肌というのは、手や足といった体部分の皮膚と比べても皮膚が薄くなっています。

 

つまり手や足、体部分と比較しても非常にデリケート部分ということです。

 

それに顔というのは普段衣服に覆われていませんので、外的刺激(紫外線、乾燥)にさらされやすい部分でもありますよね。

 

 

なので洗顔石鹸は肌に負担をかけないために様々な工夫がされているんです。

 

肌への負担を抑えるため浴用石鹸よりも洗浄力を弱めていたり、保湿成分が配合されていたりしているんですね。

 

また浴用石鹸はすぐに溶けないようにするために粒子を粗くしていますが、洗顔石鹸はとても粒子が細かく作られています。

 

水には溶けやすい構造にはなっているんですが、キメ細かい泡を作り出せるという特徴があります。

 

 

 

洗顔石鹸を使った方がいいという方

 

やはり通常の石鹸で洗顔をしている人で、肌がどうしても乾燥してしまうという方は一度洗顔石鹸を試してみてもいいのではないかと思います。

 

また皮脂の分泌が過剰になっている人というのも洗顔石鹸を試してみる価値はあると思いますよ^^

 

 

この記事に関連する記事一覧